介護事業は、規制産業(労働福祉法、高齢者住まい法、介護保険法)、設備産業ではありますが、参入する企業が年々増加し、利用者様に対するサービスの向上と、差別化が更に激化していくことが予想される業界です。利用者様なくして成り立ちませんが、施設運営者側からすると、2015年の入所要件が要介護3以上となって以来、空床を抱える施設も多くなり、業界を取り巻く環境は数年前とは大きく異なっています。

 

また、人材確保も慢性的に困難な状況が続いており、サービスと人材の深い関連性があるにもかかわらず、人件費を削減せざるを得ない状況や、経営が困難になり倒産する事業者様も増加傾向です。

 

そこで当社は、利用者様がよりよいサービスを受けられるように、サービス提供元である事業者様に対して経費削減をもとに、業界内で経費を循環する施策を講じて、多角的に業界をサポートをさせて頂き、介護事業者のサポート企業として、リーディングカンパニーになるべく邁進していきます。