先日、株式会社日本介護総研の設立キックオフ会を開催致しました!

介護業界でも大変ご活躍されている15社との合弁会社として誕生しましたのですが、そうそうたる顔ぶれに、「日本介護でんき」のハルオくんも驚きを隠せませんでした

皆様介護業界の更なる発展のために、すでに大きく貢献されておりますが、より良いサービス、より良い職場環境、より良い制度などを含め皆様が取り組んでいる事は日本の今、将来にとって、とても重要であり不可欠な事です。

また、その先頭を走る皆様を「利用者様」が必要としている構図は、まさに利用者と提供者が一体となり、日本の介護業界をよりよくしていくものだと確信できました。

株主代表のご挨拶には、株式会社日本介護総研の会長でもあり、株式会社日本介護ベンチャーコンサルティンググループの代表取締役でもある「斉藤正行さん」にご登壇頂きました。

普段から介護業界の発展に多大に貢献されている斉藤会長は、介護業界に対する思いが非常に熱くお持ちで、感銘を受けるとともに、業界の事情や課題など様々な面でご教授頂いており、介護業界の貢献が最大の恩返しであると改めて実感しました。

まずは、介護業界のコスト削減をテーマに、「日本介護でんき」を提案させて頂き、これから予想される人口減少問題、介護人員不足、社会保障改革が継続され、介護事業者はコスト面の課題と、新たな改革が必要となってきます。

そこで、日本介護総研では、まずそのコストコントロール【経営課題】を解決するために、「日本介護でんき」で貢献していきます。

そして、販売シェアトップを確立すると共に、様々な商品やサービスで介護業界の経営サポートを行っていく「介護業界最大のディストリビューター」になるために邁進していきます。

まずはこの場をお借りして、株主様、ご協力頂く皆様、そしてご公務が多用な中、来賓のご挨拶を引き受けてくださいました「現内閣 財務大臣政務官 衆議院議員 今枝総一郎 様」には深く感謝申し上げます。

今後とも宜しくお願い致します。

株式会社日本介護総研

代表取締役 松下雄一郎【ハルオ】

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post comment